推進機構長紹介 
 
函館国際水産・海洋都市構想の推進に向けて

推進機構長 伏谷 伸宏(ふせたに のぶひろ)

東京大学農学部水産学科卒業(農学博士)
東京大学名誉教授(水圏天然物化学専攻)
マリンバイオテクノロジー学会理事(元会長)
 
  函館は、水産・海洋資源に恵まれ、それらを食糧や健康食品に用いてきましたが、海にはたくさんの未利用の資源が眠っています。これらの資源の利用を目指して、北海道大学を始め、個々の機関で研究を進めていますが、推進機構では個々の研究だけではなく、異分野との研究を結びつけ、新たな研究領域の創成を探るとともに、新産業や新技術の開発に取り組んでいきます。
 そして、函館が世界各国の大学や研究所、および企業などとの研究・開発の交流を盛んに行うことにより、函館は世界に誇れる水産・海洋研究レベルを目指します。
 そうなれば、学術研究機関の開設、国際会議や学会の頻繁な開催により、函館はさらなる発展を遂げるでしょう。
 推進機構は函館をそういう街にしていきます。
  
 推進機構の設立 
  国際的な水産・海洋に関する学術研究の拠点都市を目指すため、これまで函館国際水産・海洋都市構想推進協議会が構想の推進母体となり、各種施策を進めてきましたが、今後事業をさらに強力に進めるため、平成21年4月3日に、産学官が一体となって「一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構」を設立しました。
  • 函館が有している水産・海洋に関する特性・優位性を活かし、函館に国内外の学術研究機関や研究者を誘致し、函館を水産・海洋に関する国際的な学術研究の拠点都市とし、革新技術や新産業を創出し、地域経済の活性化を図ります。
  • 21世紀の世界が直面している、人口の増加、食糧や資源・エネルギーの不足、温暖化など、地球規模での諸問題を克服するため、国内外の英知を結集し、未解明な部分が多い水産・海洋分野における学術研究を推進し、持続維持可能な水産資源の活用や海洋環境保全に向けた学術研究に取り組みます。
  • このような取り組みを通して、函館を世界中から研究者が集う学術研究・技術・産業の拠点地域にするとともに、次代の水産・海洋分野の発展を担う人材を育成し、人類の未来に貢献します。
 
 組織情報 
名 称 : 一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構
設 立 : 平成21年 4月 3日
代表者 : 代表理事  石尾 清広(函館水産連合協議会会長)
推進機構長(業務執行理事) 伏谷 伸宏
(東京大学名誉教授・北海道大学客員教授)
 
 
 情報公開 
・定款 PDF(0.3MB)
・評議員名簿 PDF(0.1MB)
・役員名簿 PDF(0.1MB)
・委員会名簿 PDF(0.1MB)
・顧問、アドバイザー名簿 PDF(0.1MB)
・平成26年度 貸借対照表 PDF(0.1MB)