Q.1 函館国際水産・海洋都市推進機構とは何ですか。
 Q.2 函館国際水産・海洋都市構想とは何ですか。
 Q.3 推進機構は、水産・海洋都市構想の推進に向けてどう考えていますか。
 Q.4 推進機構は、どこにあるのですか。
 Q.5 推進機構は、何をしているのですか。
 Q.6 「国際水産・海洋総合研究センター」とは何ですか。
 Q.7 推進機構の役割についてもっと詳しく知りたいのですが。
 Q.8 ブログなどはありますか。
 Q.9 ホームページに掲載される内容は使用できますか。
  
Q.1 函館国際水産・海洋都市推進機構とは何ですか。


 函館国際水産・海洋都市構想に基づき、函館を国際的な水産・海洋に関する学術研究の拠点都市とすることを目指して平成21年4月に設立された一般財団法人です。

 

PAGE TOPに戻る
 
Q.2 函館国際水産・海洋都市構想とは何ですか。

 
 平成15年に策定された構想です。函館における水産・海洋に関する研究・技術開発を産官学連携により促進し、その成果によって地域経済の活性化や雇用の創出を図り、科学技術および産業の高度化に貢献しようとするものです。
 
 構想書がダウンロードできます。   構想書掲載ページ

 

PAGE TOPに戻る
 
Q.3 推進機構は、水産・海洋都市構想の推進に向けてどう考えていますか。

 
 本機構は産官学民の有志により、醸成されてきた構想の具現化に向けて踏み出しました。多くの皆様の英知を結集して、国際的な水産海洋研究の拠点都市、元気な街、函館を目指します。

PAGE TOPに戻る
 
Q.4 推進機構は、どこにあるのですか。

 
 平成26年6月より、北海道函館市弁天町20番5号にある函館市国際水産・海洋総合研究センター内事務室に移転しました。
 
 

 

PAGE TOPに戻る
  
Q.5 推進機構は、何をしているのですか。

 
 集積、連携、融合、調和、広報、調査・研究をキーワードに「国際水産・海洋総合研究センター」の整備に関する業務、研究シーズと企業ニーズをマッチングさせるためのコーディネート業務、観光施設と学術研究機関との連動、そして海にふれあい親しむをテーマとするオーシャンウィークや、まちかどデジタル水族館などの市民へのPR活動を行っています。

 

PAGE TOPに戻る
 
Q.6 「国際水産・海洋総合研究センター」とは何ですか。

 
 旧函館ドック跡地で整備中の国・大学・道・民間などの学術研究機関が集積する複合的な研究施設です。平成26年6月に供用を開始しました。

 

PAGE TOPに戻る
  
Q.7 推進機構の役割についてもっと詳しく知りたいのですが。


 当機構のHPにて資料がダウンロードできます。

 構想書掲載ページ

PAGE TOPに戻る
  
Q.8 ブログなどはありますか。

 
 はい、あります。当サイトトップページの「機構つれづれ日記」をご覧ください。
 
 
機構つれづれ日誌

PAGE TOPに戻る
  
Q.9 ホームページに掲載される内容は使用できますか。

 
 下記までお問い合わせください。
 
  〒040-0051  北海道函館市弁天町20番5号 
  TEL:0138-21-4700  FAX:0138-21-4601
  E-mail:office@marine-hakodate.jp

PAGE TOPに戻る