≪シンポジウム≫「食とバイオ国際交流シンポジウム2014」~シンガポールとの研究&ビジネス連携を本格化~

食とバイオ国際交流シンポジウムチラシ食とバイオ国際交流シンポジウムチラシ2

道内のマリンバイオに関する産学連携の共同研究やビジネス展開、食・バ
イオ関連分野のシンガポールを拠点としたアジア展開を促進するため、シン
ガポールから、国立大学や研究機関の研究者、政府関係者、食品・流通関連
企業等を招聘し、食品の機能性や栄養、臨床研究分野における産学共同研究
の成果やシンガポールの食品市場の動向等をご紹介頂くとともに、道内からは
マリンバイオの研究成果や事業化製品、今後のシンガポール展開に向けた取
組等を紹介します。

◎プログラム【同時通訳付き】

13:30-13:50 主催者挨拶
経済産業省北海道経済産業局長   増山 壽一 氏
北海道大学大学院水産科学研究院長 安井  肇 氏

13:50-14:20
「食品科学分野におけるシンガポール国立大学と食品業界とのコラボレーション」
シンガポール国立大学(NUS)教授ZHOU Weibiao 氏

14:20-14:50
「シンガポールの食品加工技術における産官共同研究成果」
シンガポール農産物・家畜庁(AVA)
ポストハーベスト部門長 KHOO Gek Hoon 氏

14:50-15:20
「シンガポールでの食品ビジネスについて」
NTUCフェアプライス デュピティディレクター Edkin Tan 氏

15:20-15:40  Coffee Break

15:40-16:00
「海藻に含まれる機能性物質」
北海道大学大学院水産科学研究院 教授 宮下 和夫 氏

16:00-16:20
「北海道のカスベに秘められていた素晴らしい健康パワー」
丸共バイオフーズ(株) 代表取締役社長 宮本 宜之 氏

16:20-16:40

「海外販路・貿易ノウハウを活用した道産品のシンガポール展開」
コンチネンタル貿易(株) 貿易事業部 次長 鈴木 智子 氏

16:40-17:40 Coffee Break & Poster Session
18:30-20:00   交流会(於:ロワジールホテル函館)

【日 時】 平成26年6月3日(火)  13:30~20:00
【場 所】 函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館市弁天町20番5号)
※交流会は18:30からロワジールホテル函館にて開催

【主 催】 経済産業省北海道経済産業局、
北海道大学大学院水産科学研究院、
(公財)函館地域産業振興財団
【共 催】 北海道、函館市、(一財)函館国際水産・海洋都市推進機構、
弘前大学、ノーステック財団、(公財)とかち財団
【後 援】 特許庁、(一社)北海道食産業総合振興機構、北海道地域産業技術連携推進会議、
(一社)北海道バイオ工業会、函館商工会議所、
(一社)函館国際観光コンベンション協会、函館シンガポール協会、
(地独)北海道立総合研究機構、(独)日本貿易振興機構(JETRO)
北海道貿易情報センター、北海道教育大学函館校、公立はこだて未来大学、
函館工業高等専門学校、函館大学、函館短期大学

【申込方法】参加申込書によりFAXまたはE-mailでお申し込みください。
【申込締切】平成26年5月27日(火)
【参 加 費】シンポジウム:無料
交流会:3,000円
【定 員】 130名(予定)

【申込先】(公財)函館地域産業振興財団
〒041-0801 函館市桔梗町379番地
TEL:0138-34-2600 FAX:0138-34-2601(担当:高橋氏・杉崎氏)
E-mail:sugisaki☆techakodate.or.jp(送信時は☆を@に変更)