≪シンポジウム≫平成26年度函館国際水産・海洋都市構想シンポジウム-海洋エネルギー利用開発の現状と可能性-~開催のお知らせ~

海洋エネシンポポスター(B2)

函館市では,津軽海峡の強い潮流・海流による海洋エネルギー利用に関する検討を進めてきており、平成25年度の同海峡の流速・流向等に関する基礎調査に引き続き、今年度からは小規模な潮流発電装置開発に関する基礎研究にも取り組んでいます。
本シンポジウムでは、当地域に集積する造船、機械、電気、海洋土木などの産業における新しい市場となる可能性を持つ海洋エネルギーの利用について、国内有数の専門家などを講師に招き、海洋エネルギー利用開発に関する最新事例などについての講演を行うほか、津軽海峡における海洋エネルギー利用の可能性についてパネルディスカッションを行います。
多数の皆さんの参加をお待ちしております。

【日 時】平成27年2月24日(火)13:30~17:00
【会 場】函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館市弁天町20番5号)

◎プログラム
 1.開会挨拶(13:30 ~ 13:35) 
   函館市長 工藤 壽樹 氏
 2.基調講演(13:35 ~ 14:05)
   「国内外の潮流発電に関する研究開発動向について」
     九州大学大学院 総合理工学研究院 教授 経塚 雄策 氏
     (一般社団法人海洋エネルギー資源利用推進機構 執行役員)
 3.講演1(14:05 ~ 14:25) 
   「海洋エネルギー利用と漁業協調について」
     一般社団法人海洋産業研究会  常務理事 中原 裕幸 氏
     (一般社団法人海洋エネルギー資源利用推進機構 顧問)
 -  休 憩(14:25 ~ 14:35) -
 4.講演2(14:35 ~ 14:55) 
   「先進事例:離島振興策・地域の特性を活かした再生可能エネルギー
    による島づくり」
     長崎県五島市再生可能エネルギー推進室 室長 井川 吉幸 氏
 5.講演3(14:55 ~ 15:15)
   「津軽海峡に適した小規模潮流発電装置の研究開発について」
     函館工業高等専門学校 准教授 宮武 誠 氏、助教 剱地 利昭 氏
 6.講演4(15:15 ~ 15:25)
   「函館市の海洋エネルギー利用に関する取り組みについて」
     函館市企画部長 谷口 諭 氏
 -  休 憩(15:25 ~ 15:35) -  
 7.パネルディスカッション(15:35 ~ 16:55)
   「津軽海峡における海洋エネルギー利用の可能性について」
     ・コーディネーター:中原 裕幸 氏 ・コメンテーター:経塚 雄策 氏
     ・パネリスト:井川 吉幸 氏、宮武 誠 氏、谷口 諭 氏
             戸井漁業協同組合 代表理事組合長 森 祐 氏
 8.閉会挨拶(16:55 ~ 17:00)
    (一財)函館国際水産・海洋都市推進機構 推進機構長 伏谷 伸宏

【主 催】函館市・一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構
【後 援】一般社団法人海洋産業研究会
     一般社団法人海洋エネルギー資源利用推進機構
     函館商工会議所、公益財団法人函館地域産業振興財団

【参加費】無料
【申込方法】参加申込書によりFAXまたはE-mailでお申し込みください。
【申込締切】平成27年2月18日(水)

☆参加申込書はこちら
参加申込書(PDF)

【申込先・お問合せ先】
 一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構
 TEL : 0138-21-4700
 FAX :0138-21-4601
 E-mail : office☆marine-hakodate.jp(送信時は☆を@に変更)