≪シンポジウム≫第45回北洋研究シンポジウム-北海道周辺海域における最近の気象・海洋環境変化と海洋生物の動向-~開催のお知らせ~

北海道周辺海域は生産力も高く、多種多様な水産資源が水産業を支えている。しかし、2010年以降には、
マイワシ、サバ類、ブリの来遊が増加し、ブリやスルメイカがオホーツク海沿岸で漁獲されるなど、漁場
位置の北上化が起きている。また、日本海ではスケトウダラ、ホッケ(根室海峡を含む)の漁獲減が続いている。一方、海面水温は、冬~春に低水温,夏~秋に高水温となっており、従来の海水温の寒冷期、温暖期のレジームシフトに伴う魚種交替では説明できない現象が見られている.加えて、アザラシ類、トド、キタオットセイによる漁業被害の増加、小型浮魚類を餌とする天売島などで繁殖する海鳥類の繁殖成績にも変化が認められている。そこで、本シンポジウムでは、北海道を取り巻く海洋生態系に何が起きているのか、気象・海洋環境変化と海洋生物の動向から概観します。

【日 時】2015年3月6日(金)13:00-17:50,3月7日(土) 9:30-13:00
【場 所】函館市国際水産・海洋総合研究センター(函館市弁天町20番5号) 
【共 催】水産海洋学会,北海道大学大学院水産科学研究院
【後 援】一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構

◎プログラム
3月6日(金)
 13:00-13:10 挨拶 水産海洋学会長  和田 時夫 氏
          趣旨説明 北海道大学大学院水産科学研究院 特任教授 桜井 泰憲 氏

【第一部】
「気象・物理環境と低次生産」 座長:渡野邉 雅道 氏((独)道総研函館水産試験場)
 13:20-13:45 北海道周辺の気象変化
          川野 浩 氏(函館地方気象台)
 13:45-14:10 北海道周辺の海洋環境変化
          黒田 寛 氏((独)水産総合研究センター北海道区水産研究所)
 14:10-14:35 北部日本海とオホーツク海における低次生産と水産生物の関係
          品田 晃良 氏((独)道総研中央水産試験場)
 14:35-15:00 北海道太平洋海域の低次生産環境
          葛西 広海 氏((独)水産総合研究センター北海道区水産研究所)
          田所 和明 氏・桑田 晃 氏((独)水産総合研究センター東北区水産研究所)

 15:00-15:15 ―休憩―

【第二部】
「水産資源の動向1」 座長:谷津 明彦 氏((独)水産総合研究センター北海道区水産研究所)
 15:15-15:40 最近の日本海および太平洋におけるスケトウダラ資源の動向
          武藤 卓志 氏・渡野邉 雅道 氏((独)道総研函館水産試験場)
 15:40-16:05 近年のホッケ漁獲動向と海洋環境とのかかわり
          森田 晶子 氏・黒田 寛 氏((独)水産総合研究センター北海道区水産研究所)
          坂口 健司 氏((独)道総研中央水産試験場)
          鈴木 祐太郎 氏((独)道総研稚内水産試験場)
 16:05-16:30 北海道における2001年以降のスルメイカ漁況の変化とその原因
          澤村 正幸 氏((独)道総研函館水産試験場)
          佐藤  充 氏・三橋 正基((独)道総研稚内水産試験場)

 16:30-16:55 噴火湾と陸奥湾におけるカレイ類とマダラの漁獲量の変化とその要因
          髙津 哲也 氏・中屋 光裕 氏・鈴木 孝太 氏(北海道大学大学院水産科学研究院)
          稲垣 祐太 氏(大阪府立環境農林水産総合研究所)
 16:55-17:20 北海道における最近のサケの資源変動
          宮腰 靖之 氏((独)道総研さけます・内水面水産試験場)
 17:20-17:50 討論

3月7日(土)
【第二部】
「水産資源の動向2」 座長:綿貫 豊 氏(北海道大学大学院水産科学研究院)
 09:30-09:55 指標種からみた魚類群集構造の長期変動特性並びに近年のブリの資源動向
          田  永軍 氏((独)水産総合研究センター日本海区水産研究所)
 09:55-10:20 太平洋のサバ・イワシ類,サンマの資源動向と北海道周辺海域への来遊動向
          川端  淳 氏((独)水産総合研究センター中央水産研究所)
          中神 正康 氏((独)水産総合研究センター東北区水産研究所)

【第三部】
「鰭脚類・海鳥類」 座長: 桜井 泰憲 氏(北海道大学大学院水産科学研究院)
 10:20-10:45 アザラシ類の生態変化に伴う漁業への影響
          小林 万里 氏(東京農業大学オホーツクキャンパス)
 10:45-11:10 2000年代におけるトド来遊動向の変化
          山村 織生 氏・服部 薫 氏・磯野 岳臣 氏((独)水産総合研究センター北海道区水産研究所)
          浅見 大樹 氏((独)道総研中央水産試験場)
 11:10-11:35 キタオットセイの越冬生態にみる海洋環境への対応
          堀本 高矩 氏(北海道大学大学院水産科学研究院)
          三谷 曜子 氏(北海道大学北方生物圏フィールド科学センター)
 11:35-12:00 天売島のウトウの餌と繁殖成績の変化から見た日本海:2014年の激変
          綿貫 豊 氏(北海道大学大学院水産科学研究院)
 12:00-12:15 ―休憩―
 12:15-13:00 【総合討論】
          座長:綿貫  豊 氏(北海道大学大学院水産科学研究院)
              谷津 明彦 氏((独)水産総合研究センター北海道区水産研究所)

参加には事前申込が必要です。(参加希望日を必ず明記して下さい。)
北洋研シンポジウム申込書(PDF)
北洋研シンポジウム申込書(Excel)

【申込先】
 一般財団法人函館国際水産・海洋都市推進機構
 TEL : 0138-21-4700
 FAX :0138-21-4601
 E-mail : office☆marine-hakodate.jp(送信時は☆を@に変更)