《1Fエントランスホール》海の宝、海藻ファクトリー展示中!

日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として、北海道大学水産学部主催による「海の宝、海藻ファクトリー 海と日本プロジェクト」を、函館市国際水産・海洋総合研究センター1Fエントランスホールにおいて展示しています。

「海藻ファクトリー」とは、海藻培養技術(バイオファーミング)を活用して、健康食品として注目されているガゴメやアカモクなどの海藻類を安心安全に生産し、陸の上で1年間安定した供給を行うことができる循環型栽培システムのことです。
この技術を活かし、海藻の持つ栄養機能性を高める研究を行いながら、食材利用や産業への応用を目指す取組みを、水槽やパネルを使って紹介しています。

この機会に、海藻の存在や役割について一緒に考えてみませんか?

函館市国際水産・海洋総合研究センターは、平日9時~17時まで開館しており、入館は無料です。
どうぞお気軽にお越しください。

DSC_0004

DSC_0005